バンコク チャオプラヤ川にかかるスカイパークに行く

バンコクのスカイパーク公園・橋・宮殿

チャオプラヤー川にかかる最初のパブリック公園

スカイパークの高架部分はPhra Pok Klao Bridge(ファラポックラオ)橋の車線間にまたがっています。以前、バンコクの高架メトロプロジェクトは1984年に建設を開始しましたが、プロジェクトの効率と予算の問題により、1992年にプロジェクトはキャンセルされました。

28年間放置されていましたが、バンコク旧市街を復元するプロジェクトにより今回公園として2020年6月24日にオープンすることになりました。開会式はププラユット・チャンオチャ首相が主宰し、バンコク知事が率いるBMA幹部も出席しました。

スカイパークへの行き方

バンコクのスカイパーク

MRT ブルーラインSanam Chai(サナーム・チャイ)駅4番出口下車。サナムチャイ通りの運河を渡り、お花屋さんが並んでるChakkraphet Rd(チャククラペット)通りを東へ歩きます。通りには南北にパーククローン花市場の入口が見えます。

突き当りの公園を道なりに進みます。チャオプラヤ川のメモリアル・ブリッジの船着き場の向いの公園の中を通るとスカイパークに行く階段があります。

スカイパーク

バンコクのスカイパーク

この歩道橋はチャオプラヤ川沿いのSaphan Phut公園とトンブリ側のChaloem Phrakiat Forest 公園をつないでいます。

お花の植えてある階段を上ります。公園の両端にはエレベーターが設置されてあります。スカイパークの高架部分は、幅8.5メートル、長さ280メートルです。

バンコクのスカイパーク

両サイドが車が通る上をある行きます。防御ネットにスカイパークのロゴサインがあり夜間はライトアップされます。

バンコクのスカイパーク

公園の真ん中付近には植樹され、花も植えてある横を歩いていきます。トンブリーに向かって右側がメモリアルブリッジがです。メモリアルブリッジの奥にはワット・アルンが見えます。左側は高速ビル見えチャオプラヤ川からの美しい風景を見ることができます。

バンコクのスカイパーク

スカイパークを渡るとトンブリーです。右側には白の仏塔と複数の寺院のがあります。この寺院はタイのラタナコ​​ーシン王国のラーマ3世王の治世中に建造されています。左側にはソムデットヤー公園があります。

有名観光地ではありませんが、ソムデットヤー公園は美しい公園です。トンブリー側の散策もいろんな発見があります。帰りはメモリアルブリッジを渡ってサパンプットに戻りました。

チャオプラヤ川にかかるスカイパークのMap

コメント