バンコク バス204番のルート Map

バスルートMap

204番のバスは、Huai Khwang(フワイクワーン)とRatchawong Pier(ラチャウォング・ピア)を往復

●Inbound red line:Ratchawong Pier(ラチャウォング・ピア)Huai Khwang(フワイクワーン)
●Outbound blue line:フワイクワーンラチャウォング・ピア

204番のバスはクーラー完備のオレンジ色のバスとクーラーなしのバス(赤バス)の2種類が運行しています。バスルートはラチャウォング・ピア近くのチャイナタウンで少し変わります。

Pracha Songkhro Rd(プラチャ・ソンクロ)通り

フワイクワーンのバス停を出発すると、プラチャ・ソンクロ通りを道なりに南に進みます。バス通りにしては細い通りですが12、13、54番などの数ルートのバスが運行しています。

バンコクのディンデーン市場


両サイドに商店が軒を連ね下町情緒あふれる、Din Daeng(ディンデーン)市場の横を通り、ディンデーン通りで左折します。

Din Daeng Rd(ディンデーン)通り

ディンデーン通りを西へ進み、Ratchaprarop Rd(ラチャプラロップ)通りの交差点で左折して南に進みます。Vibhavadi Rangsit Rd(ヴィブハバディ・ランシット)通りとの交差点近くにタイ・ジャパニーズスタジアムがあります。

Ratchaprarop Rd(ラチャプラロップ)通り

バンコクのマーケット

エアポートリンクのラチャプラロップ駅を超えて、プラトゥーナム市場の横を通り、いつも渋滞しているセントラルワールドThe Market Bangkok(ザ・マーケット・バンコク)の前を通りエラワン祠の交差点で西へに進みます。

バンコクのエラワン祠

エラワン祠はいつも多くの人が、お参りしています。Rama1世通りを右折するのもかなり時間がかかり、サイアムまでは中々進まないことが多々あります。

Rama1世通り

サイアムパラゴン、サイアム ディスカバリー、MBKなどの商業施設やバンコク芸術文化センターがRama1世通りに面しており、いつも観光客で賑わっています。

更に西に進むとサッカータイ代表の試合も開催されるSuphacharasai Stadium(スパチャラサイ・スタジアム)があります。

バンコクのスパチャラサイ・スタジアム(ナショナルスタジアム)

1935年に建設され、1966年・1970年・1978年のアジア競技大会のメイン会場として用いられ、35,000人収容人数を誇る伝統があるスタジアムです。

Krung Kasem Rd~Luang Rd

運河を超えて、Krung Kasem Rd(クランカセム)通りで左折し、運河沿いを南へ進みます。Luang Rd(ルアン)通りで右折し西へ進みます。Ratchawonge Rd(ラチャウォング)通りを左折して南下します。

Ratchawong Rd(ラチャウォング)通り

この辺りはチャイナタウン(ヤワラート)です。キクヤを目印に交差する細い通路の両サイドに店舗が並んでいる所がサンペンレーンです。カバン、ビーズ、ヘアーアクセサリー、帽子、小物など多種多様な物が売られています。

更に南へ進むと終点ラチャウォング・ピアに着きます。

このバス停は204番のバスのみ発着です。チャオプラヤ川の船着き場はすぐ先にあります。

オレンジ・フラッグ(急行)、イエロー・フラッグ・グリーン・フラッグ(通勤・通学用の特急)、フラッグなし(各停)が停まる船着き場です。さらに対岸までのボートも出ています。

Suphacharasai Stadium(スパチャラサイ・スタジアム)のMap

コメント