2021-2022シーズンのタイリーグT1&T2は終了

BGパトゥムのホーム、LEOスタジアムサッカー

2021年9月3日に開幕、2022年5月終了

コロナパンデミックの中、タイリーグは欧州リーグと期間を合わせ、9月開幕、5月に終了しました。

T1 順位表

順位チーム名勝点試合数勝数ドロー負け数得失点
Buriram United6230195629
BG Pathum United6030179425
True Bangkok United5330158723
4SCG Muangthong United49301310711
5Nongbua Pitchaya FC473013897
6Chiangrai United47301389-2
7Chonburi FC44301281010
8Port FC3930116134
9Police Tero FC37308139-6
10Khonkaen United373010713-13
11Nakhonratchasima Mazda FC373010713-14
12Ratchaburi Mitrphol FC36309912-4
13Prachuap FC31308715-15
14Suphanburi FC30308616-14
15Samutprakan City283061014-13
16Chiangmai United19304719-28

T1のリーグ優勝はBuriram United。Samutprakan Cityで実績を積んだ石井監督が日本人初となるリーグ優勝監督となりました。石井監督が前年まで率いていたSamutprakan Cityは15位でT2降格となりました。Suphanburi FC、Samutprakan City、Chiangmai Unitedの下位3チームがT2降格です。

シーズン途中から手倉森監督が率いたBG Pathum Unitedは2位で、ACLも決勝トーナメントに進んでいます。Nongbua Pitchaya FCは今シーズンT2から昇格して5位に入り健闘しました。

T2 順位表

順位チーム名勝点試合数勝数ドロー負け数得失点
Lamphun Warriors7434228436
Sukhothai FC7334227534
Trat FC6834208622
4Lampang FC57341512729
5Chainat Hornbil57341512712
6Phrae United54341412815
7Muangkan United52341410108
8Udonthani FC473413813-5
9Rayong FC4634137144
10Nakhonpathom United4234101212-5
11Grand Andaman Ranong United4134101113-9
12Ayutthaya United4134101113-10
13Kasetsart FC393491213-15
14Chiangmai FC383410816-16
15Customs Ladkrabang United35349817-19
16Rajpracha FC333471215-10
17KhonKaen FC24345920-28
18Navy Football Club11342527-43

T2のリーグ優勝はLamphun Warriorsです。Lamphun Warriorsと2位のSukhothai FCのT1昇格は決定しましたが、残る1チームの昇格はTrat FC、Lampang FC、Chainat Hornbil、Phrae Unitedの4チームのプレイオフによって決定します。

プレイオフの結果Lampang FCがT1に昇格が決まりました。

コメント